年収3000万円を達成
感想を赤裸々に告白します

 

どうもこんにちは原です。

 

僕がアフィリエイト、このネット業界で事業を始めてまあ、いろいろありましたが、早4年が経ち、5年目に突入しました。

 

去年なんとか年収3000万円という数字を達成しました。

 

起業した当初からすると、月収14万円でパン製造の仕事をしていた自分からするとアフィリエイトで年収1000万というと夢のようなことだと思ってましたが、去年この数字を達成して、割といけるもんなんだなということがわかりました。

 

今回は「年収3000万稼いだ感想」「どんな生活スタイルなのか」実際に稼いだリアルな感想をお伝えできればと思います。

 

このページをお勧めする人
  • 年収1000万以上稼いでみたい
  • 年収3000万円のライフスタイルはどんなものか知りたい
  • 年収3000万円稼ぐことの難易度を知りたい

 

アフィリエイト年収証拠画像

こちら令和元年度確定申告B書類の実物になります。

https://twitter.com/DeiyanBen/status/1230799674782535680

 

 

アフィリエイト平均年収はどれくらい?

そもそも「みんな年間に平均してどれくらいアフィリエイトで稼いでいるんだろう」と思って調べてみました。

 

 

(出典:特定非営利活動法人 アフィリエイトマーケティング協会

 

 

すると、月に20〜100万円以上稼いでいる人が全体の16%以上という結果に。

 

つまり、全体の84%のほとんどの人が年収240万円以下だということがわかります。

 

240万円という数字は副業であれば文句ない数字ですが、本業でやっていくのであればちょっと物足りないですね。

 

あと収入が全くない人が19%でそれを含めて5000円未満の人が合わせて54%も存在するところが重要。

 

半分以上の人がアフィリエイトでほぼほぼ稼げていないのが現状です。

 

年収3000万円の感想

では、僕が年収3000万円を達成した感想を書いていきます。

 

<年収3000万円の感想>

  • 感想①:大分余裕がもてる
  • 感想②;十分貯金がたまる
  • 感想③:税金対策をどうしようか悩む
  • 感想④:気前が良くなる
  • 感想⑤:無理して数字を伸ばそうと思わなくなった

 

それぞれの感想について、順番に解説していきます。

 

感想①:大分余裕がもてる

PPCアフィリエイトで年収3000万円を達成した感想の1つ目は「だいぶ余裕が持てるようになった」という事です。

 

これは、精神的にもお財布的にも両方の面から言えることです。

 

例えば、僕は昔はちょっとスーパーやコンビニで買い物をするときにも「無駄遣いを辞めて節約しよう…。」とか気にしていましたが、

 

アフィリエイト報酬で年収3000万円を稼ぐようになり、だいぶ余裕がもてるようになりました。

 

いちいち細かい値段を気にすることなく、飲食店でも純粋に自分が食べたいものを注文して食べるようになりましたね。

 

年収3000万円を稼ぐとそういった心境の変化があります。

 

また、週に2回~3回くらいマッサージに通っていました。

 

今まではマッサージには行ったこともなかったのですが、1回行ったらハマってしまい、週に2回~3回のペースで通うようになりましたね。

 

やはり、マッサージの料金を気にせず、自分の行きたいタイミングでマッサージに行けることで、精神的にも肉体的にも幸福度がアップしている感じがします。

 

ほかには、海外旅行も4回~5回くらい行きました。

 

海外旅行は自己資金ではなく、Google広告でマイルがかなりたまるので旅行と仕事を兼ねて年間で4回~5回ほど行きました。

 

※ただし、無駄遣いをするわけではなく、ブランド物や車など高級品を買いまくったりはしませんでした。

 

感想②:十分貯金が貯まる

年収3000万円を稼ぐと、ざっくり毎月250万円が入ってきますので、生活費と娯楽費を差し引いても、月間で200万円くらいの余裕ができます。

 

すると、年間で合計1000万円以上の貯金ができますよね。

 

1人暮らしで毎月50万円ほどの出費をしても、毎月200万円くらいの貯金が自然と溜まっていく感じですね。

 

普通に生活していると月30万円くらいしか使いませんので、普通に毎月200万円以上が余ってしまいます。

 

そうすると、どんどんと貯金が溜まっていき、次は税金対策をどうしようか悩むようになりますね。

 

感想③:税金対策をどうしようか悩む

 

税金対策として具体的にどうするかと言えば、下記のとおりです。

 

<税金対策>

  • 中古車
  • 積立式の年金・保険
  • 接待交際費

 

年収3000万円を稼ぐと、余計に税金を払いすぎないために、こういった税金対策を考えるようになりますね。

 

具体的には、知り合いのビジネス仲間や税理士さんに相談をして、最終的にはうまく経費としてまとめることができました。

 

感想④:気前が良くなる

 

これは人によるところがあるのかもしれないですし、経営者視点からするとよくないことなのかもしれません。

 

個人の性格にもよると思います。

 

僕の場合には、年収3000万円を稼いだことで非常に気前が良くなりました。

 

たとえば、後輩とか友人家族と食べに行けば普通に奢りますし、マンション契約の家賃とかも全額払ったりしました。

 

あと、結構重要なポイントだと思うのですが、

 

飲み屋に行ったときにぼったくりに会うことがあったり、あとは実はコンサルティングや商材も買い漁っていたことがあったのですが、

 

その中でやはり詐欺的なコンサル・商材を買うことがありました。

 

昔だったら「こんな詐欺教材はクソだ。」と息巻いていたことでしょう。

 

しかし、お金に余裕があるので「まぁ、詐欺商材の中に1つでも使える情報があればOKかな。」という気持ちに変化しました。

 

これは僕の中では大きな心境の変化でしたね。

 

というワケで、年収3000万円を稼いだ実体験の感想4つ目は「気前が良くなる」でした。

 

感想⑤:無理して数字を伸ばそうと思わなくなった。

年収3000万円を達成した感想の5つ目は「無理して数字を伸ばそうと思わなくなった」という事です。

 

無理して数字を伸ばしたとしても、得られるものは実績と資金だけです。

 

年収10億を稼げばブランディングになるかもしれませんが、ネット上を探せばそんな人は山ほどいますから、数字だけを追い求めることに大きな意味を感じなくなりました。

 

そもそも、一般論として「年収800蔓延以上を稼いでも幸福度は変わらない。」と言われています。

 

実際に僕の体験談として、年収800万円以上を稼いだとしても単に使いきれずに貯金が増えていくだけ。という実感がありました。

 

そういった数字を追い求めるよりも、ブログやYoutubeで情報発信活動に力を入れることで、自分にしか出せないカラーを出して「認知度」と「信頼」を得るほうが、僕の人生にとってプラスになると考えるようになりました。

 

というワケで、年収3000万円を稼いだ感想の5つ目は「数字を追い求めなくなる」でした。

 

アフィリエイトで年収1000万稼いだ感想

年収1000万円を達成したときの感想はアホみたいに書いてるのでこちらをどうぞ。

アフィリエイトで年収1000万円稼ぐライフスタイルの実態を公開します!

 

正直今思うと年収3000万円達成したときよりも1000万円の方が感動しました。

 

例えば、高校卒業して大学進学で上京するときってとにかく新鮮な気持ちでワクワクしますよね。

 

それと同じで年収1000万円ってなんか人生において誰しもが達成したい一つの大きな目標みたいなものだと思うんです。

 

で、真っ先に同級生に自慢したくなるみたいな。

 

ただ、そこから長く東京生活を送って地元で就職して、再び東京へ滞在する機会があったとしても1度目の感動よりは目減りしてしまう

 

それと同じで年収1000万稼いだときのほうが感動が大きかったです。

 

「人生はお金じゃない」っていう人も年収1000万円稼げたらとりあえずうれしいんじゃないかな。

 

アフィリエイトで年収1億

アフィリエイト単体で年収1億のレベルなるとなかなかいないレベルです。

 

「1億以上稼いでいる人は暇人だ」とか言われますが、そこまでに到達するまでに並々ならぬ努力をされてますよ。

 

インフルエンサーで億単位で稼がれてる方々を見ればわかりますよね。

 

ブログ毎日更新もしくはYouTube連日投稿なんて朝飯前で、彼らが年間1億稼いでるのは才能でもセンスでもなく間違いなく「作業量」です

 

途方もない作業量と努力の先の結果で、そこまでして稼ぎたいと思う人が少ないからこそアフィリエイトで年収1億という上位0,数パーセントの割合に入り込みます。

 

過去に貧乏だったり不遇な環境だったりしてその反骨心、コンプレックスで成り上がった人達が多い印象です。

 

アフィリエイト確定申告:年収3000万円

 

アフィリエイトで年収3000万稼いで思うことは、めちゃくちゃ税金が取られる。」という事です。

 

僕の場合は、税理士に相談して積極的に稼いだ金額を投資に回したので、経費を差し引いて課税所得700万円くらいまで落としたのですが、

 

アフィリエイトで何も考えずに年収3000万円を確定申告すると、累進課税で税率40%くらいになりますからね。

 

所得控除があるとはいえ、アフィリエイトで得た3000万円をそのまま確定申告すれば、所得税だけで700万円ほどかかる計算になります。

 

アフィリエイトは経費の掛からないビジネスですから、その分課税金額も大きくなりやすいです。

 

もし、あなたが個人事業主としてアフィリエイト事業をしている場合でも、年収1000万円を超えるような金額を稼いだ場合には、必ず税理士さんに税金の相談をしたほうがお得ですね。

 

なぜなら、税理士さんは月額2万円くらいで相談できますし、税理士費用は全額経費で落とすことができるからです。

 

 

アフィリエイトで年収3000万円を達成した感想:まとめ

以上で、説明は終わりですが、

 

年収3000万円と言っても去年単発の実績ですので、稼ぎ続けることが大事です。

 

ぶっちゃけ単発で1年だけ年収3000万円を達成しても意味がないです。

 

これを何年も継続して初めて意味があります。

 

ただ、先ほどお伝えしたように僕自身の感想総まとめとしては年収2000〜3000万円をキープし続けられるのであればやりたくないことやって無理して1億2億稼ぐ必要はないなと思いました。

 

もちろんもっとお金は欲しいですよ。

 

ただ、自由にマイペースで自分の好きなように好きなタイミングで発信しながらその過程で収入が増やしたいとおもてましたし、最悪増えなくても信頼性や認知度が上がっていけばそれはそれで将来的に大きな資産となってきます

 

なので、その方向性で収入の方も伸ばしていけたらと思います。

 

正直やっと自分の理想とする人生のスタート地点に立てたかなと行った感じです。

 

以上が年収3000万円を稼いだ人間の感想でした。